本サイトはプロモーションが含まれています

オレンジ色の意味

「オレンジ色が好き」「オレンジ色が気なりだした」そんな時、オレンジ色の意味にはどんな意味があるのか、気になりませんか?

 

好きな色は、その人の性質を表し、気になる色が変わる、ということは、心に何か変化が訪れた時です。

 

オレンジ色のイメージキーワード

 

楽しさ 温かさ 豊かさ 親しみ 明るさ 実り 家庭的 ユーモラス 朗らか 健康 活気 穏やか

 

オレンジ色が気になりだした人

 

「最近、オレンジ色の物が気になる」「オレンジ色のものばかり選んでしまう」そんなことはありませんか?

 

オレンジ色が特に好きではなかったのに、オレンジ色が気になりだした人は、心に変化が起きています。

 

楽しい予定がある

 

オレンジ色が気になりだした人は、ワクワクした気持ちでいるようです。

 

楽しいイベントの予定があったり、何かイベントの計画をしようとしているのかもしれません。

 

元気になって笑顔でいたい



元気になりたい、笑顔になりたいと思っているようです。

 

オレンジは元気を引き出す色です。

 

周りと打ち解けたい

自分の気持ちを尊重しつつ、周囲の意見を柔軟に取り入れたいと考えています。

 

周りと打ち解けたい、そんな気持ちがあります。

 

オレンジ色が気になっている人は周りとの調和がうまく取れます。

 

不安な気持ちを隠したい

 

実は不安を感じているが、その気持ちを隠して、リラックスしているように振舞いたい、という気持ちもあるようです。

 

オレンジ色が好きな人

 

誰かと楽しく過ごしたい

 

 

楽しいことが好きです。

 

たくさんの人と和やかな輪を作りたい、と考える人です。

 

一人でいるよりも、誰かと一緒にいることの方が好きです。

 

食べることが好き

 

 

親しみやすく、食べることが好きな人です。

 

美味しいお店をよく知っていたり、料理をこだわって作る人です。

 

人気者

 

笑顔が素敵で社交的、ポジティブな印象を与えます。

 

明るくてユーモアがあるので、人気者です。

 

オレンジ色を積極的に取り入れると良い場合

 

元気になりたい時

 

 

明るい気持ちになりたい時、楽しく過ごしたい時に取り入れると元気がでてきます。

 

ファッションにオレンジ色を取り入れると、明るく楽しい雰囲気を作ることができます。

 

寂しさや孤独を感じている時には、孤独な気分が和らぎます。

 

オレンジ色は目立つ色なので、小物やアクセサリーに使っても効果があります。

 

オレンジ色の明るく楽しい雰囲気が、周囲にたくさんの人を集めます。

 

家族だんらんを作りたい時

 

 

電球色の照明など、オレンジ色の光は、部屋全体がオレンジ色を帯びたようになり、暖かみのある部屋になります。

 

ダイニングを電球色の光にすると、食事が美味しそうに見え、暖かな楽しい雰囲気を作ることができます。

 

楽しい食事の時間になると思いますよ

 

食欲を増したい時

 

食卓にオレンジ色を取り入れると、食欲が出てきます。

 

 

オレンジ色のテーブルクロスやランチョンマットを使うと良いです。

 

相手を嫌な気分にさせたくない時

 

NOという勇気が欲しい時、明るくサッパリと伝えることができます。

 

相手を嫌な気分にさせることなく、上手に断ることができます。

 

オレンジ色を取り入れることを控えた方が良い場合

 

落ち着いた雰囲気を出したい

 

落ち着きのある雰囲気を出したい時には、不向きの色です。

 

楽しい人間関係を作れる人、という印象が。うるさく騒がしい人に見られる場合もあります。

 

目立ちたくない

 

 

目立つ色なので、目立ちたくない時には、不向きな色です。

 

オレンジ色は話しかけやすい雰囲気も作るので、注目されやすくなります。

 

以上が、オレンジ色の意味のご紹介でした。

 

カラーセラピー

 

カラーセラピーについて興味のある方は、こちらの記事を読んでみてください。